突然変異が要因|辛い腰部脊柱管狭窄症も名医に任せて治療|信頼できるクリニック選び

辛い腰部脊柱管狭窄症も名医に任せて治療|信頼できるクリニック選び

ドクター

突然変異が要因

聴診器

がん細胞が出来る仕組みとしては突然変異が挙げられ、私たちの体内にある細胞は様々な役割を担っているのですが細胞が傷ついてしまうと突然変異を引き起こすといえます。その突然変異してしまう細胞ががん細胞となり、免疫機能が上手く作動しないと腫瘍となって現れるため悪性腫瘍として発見される仕組みとなっています。しかし、すい臓がんの場合はすい臓自体が比較的小さいのでがん細胞(悪性腫瘍)も小さく発見しにくい懸念点があるといえるでしょう。がん細胞が出来る原因としては免疫機能が上手く働かないという点もありますが、ストレスや生活習慣の乱れなどの原因もあるので普段の生活に気を付けることですい臓がんの発症や転移も防ぐことが出来るのではないかと考えられます。

すい臓がんの転移や再発を予防する方法としては、悪性腫瘍を手術で切除した後に抗がん剤を使用して全身のがん転移を防ぐことが可能となっています。抗がん剤治療というと髪が抜けてしまう他にも嘔吐など様々な副作用が出てくるので辛く厳しいものがありますが、すい臓がんなどのがんを再発や転移を防ぐためにも必要不可欠なものだといえます。また、抗がん剤治療以外にも放射線治療を受けることもでき、放射線照射はすい臓がんなど悪性腫瘍の切除手術を行いながら放射線治療も受けることが出来るのですい臓がんの再発や転移を防ぐことも出来るといえるでしょう。しかし、がんによっては抗がん剤治療が長引くこともあるので再発や転移防止のためにしっかりと治療を受けることが大事だといえます。