発見がしにくい|辛い腰部脊柱管狭窄症も名医に任せて治療|信頼できるクリニック選び

辛い腰部脊柱管狭窄症も名医に任せて治療|信頼できるクリニック選び

ドクター

発見がしにくい

病院

胃がんや肺がんなどがんが出来る部位によって名前や症状は変わってきますが、かかってしまうと厄介ながんにすい臓がんがあります。肺がんや胃がんなどのリスクに比べてすい臓がんは発症するリスクは低いものとなっているのですが、発見しにくい点が厄介なポイントとなるでしょう。私たちの体内にあるすい臓は臓器の中でも小さく、そのため様々な検査を行なったとしても見つけにくいので発見が遅れてしまうことが挙げられます。また、自覚症状もほとんどないので他の部位にがんが転移してからすい臓がんを患っていることに気づくという人も少なくありません。

すい臓がんは早期発見が難しいので他の臓器に転移しやすく、他の臓器に転移した後ではすい臓がんは進行しているので腫瘍が小さい場合でも年数を重ねるごとに生存率は低くなってしまうのです。また、すい臓がんは遠隔転移がしやすいのですい臓から離れている脳にまでがんが進行する恐れがあり、危険性は高いものとなっています。すい臓がんが転移しやすい場所として肝臓があるのですが、肝臓もすい臓がんと同様に自覚症状があまりないので気づきにくいといえるでしょう。その他にもすい臓の横には胃があるので胃に転移するケースも多く、反対に胃がんから発症するとすい臓がんに転移しやすいケースもあるので気をつけなくてはなりません。胃に転移した場合は症状の進行によって自覚症状も現れますが、初期症状の胸やけなど見落としやすいので常に自分の体調は気にかける必要があるものだと考えられます。